ケミカルライト

ring3

国産ケミカルライト 『KILALA ユニティー ®』

2つの液体を、混合した化学発光と呼ばれる反応により鮮やかな光を放つ
純国産の化学発光体 (ケミカルライト)です。
従来のケミカルライトは、逆の構造(酸化液をガラスアンプルに入れる)であった為
蛍光液が湿気を帯びやすい性質の物でした。

その難点を解消すべく、世界で初めて溶液A(蛍光液)を、ガラスアンプル(自社工場製)に入れ
そのガラスアンプルを、溶液B(酸化液)と一緒にプラスティック製の容器に入れ
密閉することに成功しました。
スティックを、軽く折り曲げることで、内部のガラスアンプルが破割され
2液が混合され発光します。

現在、日本国内で、ケミカルライトを製造しているのは弊社のみとなっており
安心・安全な国産ケミカルライトを、製造・供給致しております。

ケミカルライトの特徴

“電池物と違い、発熱せず、毒性や引火性が無いため屋内でも、屋外でも
場所を選ばず、安全に使用できるのが特徴です。
また、防水性も備えているので、雨中、水中でも、難なく使用出来ます。

緑、赤、黄色、白、青などが主流色ですがご注文に応じ別色(紫・オレンジetc)の対応可能です。
常温であれば、通常6~8時間発光します。また、用途に応じて
数分間で強い光を発する高輝度と呼ばれる商品も生産可能です。

コンサート・ライブなどのイベント会場で、幻想的な空間を演出する際や夜間の自動車トラブル
停電・地震・台風などの災害時、暗闇での作業時等や
娯楽品としては、夜釣りのウキ用など幅広く利用されています。

『Kilala(きらら)ユニティー』は、純国産!

数あるケミカルライトの中で純国産は「Kilala(きらら)ユニティー」だけです。
液体、ガラス、チューブすべて国内産で賄っております。
何故なら、お客様の安全を第一に考えているからに他ありません。
もしも、大事なお子様が手に取った製品に、不備が有たっら・・・
そんな事を考えるとき、国内産で、品質の安定した部材を使い
安心・安全な製品を、皆様方に、ご提供させて頂きたい。
そんな思いから、国産にこだわり、製造・販売致しております。”

「Kilala(きらら)ユニティー」は、どうやって作っているの?

①ガラスアンプルを作るため、ガラスの母管を熱で溶かし、延伸機に掛けます。
②延伸機に掛けて、出来た細いガラス管を、製品に見合った長さにカットします。
③カットしたガラス管を、ガラスアンプルにするため、アンプラーにセットし液体を封入・密封していきます。
④片側だけ熱溶封した、プラスティックチューブに酸化液と呼ばれる液体を入れます。
⑤④の中に、③で作ったガラスアンプルを入れていきます。
④プラスティックチューブのもう片方を、熱溶封して完成です。
★各工程または、完成した製品は基準を設け、1本1本厳密に検査が行われます。
★ガラスアンプルは、折った衝撃や、ガラス粉砕片がプラスティックチューブを突き破ることのない様に
薄さや粉砕片を計算して製造されています。
★プラスティックチューブは、折り曲強度、不可抗力に耐えうるように、製造されています。

各工程で厳密な検査を実施。

ガラス、チューブ、蛍光液、酸化液やその他部材部材の到着から
それらの部材を使用し製品が完成・出荷されるまで・・・
皆様に、安心・安全にお使い戴けますよう当然のことながら、各工程で、各種様々な検査を実行し
製品管理を致しております。また、PL保険に加入していますので、アフターケアも、万全です。

 

KILALAトップページへ戻る